妊娠線対策について

まず妊娠線とは、女性が妊娠し出産した際に腹部に出来る線のことである。

妊娠により腹部が大きくなることで伸びた腹部の皮膚が、出産で急激に腹部が小さくなることにより伸びた腹部の皮膚がたるんでしまう事により、出来る腹部に横方向に出来る線が妊娠線である。

この産後に出来てしまう事が多い妊娠線は、マタニティの悩みの筆頭として挙げられる事が非常に多い。

よって、産後からの事後対策ではなく、妊娠中から予防と対策を心がける事が重要である。

まず予防として、産後に皮膚が弛むのを防ぐため、保湿を行い皮膚に潤いを与えることが重要だと思われる。

皮膚に潤いを与えるために有効なのは、妊娠中から腹部を中心に保湿クリームや保湿オイルを使用することである。

可能な限り、毎日、一日に何回も腹部の皮膚に刷り込む事が望ましいが、時間の関係上、難しいこともあるだろう。

そうであれば、毎日でなくても定期的に保湿クリームや保湿オイルを使用する事が良いと考えられる。

現在は、ドラッグストアに行くと妊娠線予防のための保湿クリームや保湿オイルが商品化されており、気軽に購入することも可能である。

また、妊娠線の対策として産後、腹部の皮膚に保湿オイル・保湿クリームを使用しながらマッサージを行うことも妊娠線の対策として有効だと考えられる。

ボディーショップのクリーム使ってました★

妊娠線は出来てしまってからでは、消えにくいので妊娠初期から対策するのが肝心です。

まだお腹が目立って無い初期の段階でも、妊娠線を予防するクリームを塗っておくのが大事です。

予防するクリームは沢山ありますが、私はボディーショップのクリームで対策していました。

妊娠線用のクリームと言うわけでは、ないと思いますが、妊娠線用に…と聞くと、これですね、と出してくれたクリームです。

妊娠線は、お腹が急激に大きくなって肌がのびる事が原因ですが、赤ちゃんが大きくなる事以外に、体重が増えてしまう事も原因であると思います。

妊娠後期になると、普通に食べていても体重がぐんぐん増えてしまうものなので、体重管理も頑張らないといけないと思います。

妊娠後期にはお腹の下の方は、見えなくなってくるので、油断していると、出産後こんな所に妊娠線が出来ている!と驚く事になります。

クリームを塗って、体重管理も頑張っても、妊娠線は出来てしまう事があると思いますが時間が経てば多少薄くなってくれるので、最小限にとどめるためにお腹全体にクリームを塗って予防する事が大事です。

産後も赤ちゃんのお世話で大変ですが、お腹が元の大きさに戻ってくる期間は妊娠中に引き続きクリームをぬり続けた方が良いと思います。

妊娠線予防の基本

妊娠して徐々に大きくなるお腹。

妊娠線はなぜできるのかご存知ですか?

お腹が大きくなるから出来るのも一因ですが、皮膚の乾燥でも出来るんです。

出産した後のお腹は萎んでも妊娠線はなかなか消えません。早いうちから予防、対策をしてケアをしましょう。

4か月くらいから保湿対策をし、予防していきましょう。

保湿はクリーム、オイルどちらでも大丈夫です。自分の心地よいと思うテクスチャーを選んでください。

あまり強くマッサージをする必要はありませんが、おへそを中心にゆっくりクルクル撫でるようにつけてください。

横も後ろも同じようにつけたら、前へ滑らすようにつけてください。

一番忘れてしまいがちなのは、お腹の下部分。おへその下あたりです。

ここはお腹が大きくなったら、パートナーにお願いしましょう。

スキンシップにもなりますよ。

お尻、太もも、胸、二の腕も妊娠線が出来やすいです。忘れずに塗ってくださいね。

マタニティーはナーバスになりがちなので、テクスチャー以外にも好きな香りを見つけて今しかないマタニティー期を楽しんでくださいね。

万が一、妊娠線が出来たとしても産後、保湿ケアを続けてください。完全に消えることはありませんが、日に日に薄くなります。

出来てしまうとブルーになりがちですが、慌てずケアを続けてください。

子供を命がけで生んだ証

妊娠線とは妊娠中にお腹や胸などにできる皮膚のひび割れのようなものです。

乾燥やお腹が大きくなるにつれ皮膚がのびひび割れのように出てきてしまいます。

妊娠線がでない人もいますし、妊娠線が出る人もいます。人によりさまざまです。

予防としては、保湿クリームを塗ったり、痒くてもなるべくかきむしったりしないことです。

それでも予防できない場合もあります。ボディクリームなどでも良いと思います。

ボディクリームだと、普通のクリームに比べてベタベタ感が少し残るので長い時間保湿効果を保てるようにも思います。

それでもできてしまった対策としては、それ以上広がらないように保湿クリームなどを塗り続けるしかありません。

妊娠線ができた人は出産が終わってそのまま残ってしまう場合もあれば、薄くなる人もいます。

これも人によりさまざまです。

しかし妊娠線があるからといって恥ずかしがることはありません。

子どもを命がけで産んだ証です。

妊娠線を見るたびに、妊娠や出産を思い出し、幸せな気分になれるはずです。

妊娠線の予防や対策としては保湿クリームが1番効果的だと思いますが、できてしまってもなにも恥じたりする必要はないと言うことを覚えておいてください。

楽しみながら妊娠線予防♪

妊娠してどんどん大きくなるお腹。

嬉しくなってきますね。

しかし、そのまま放っておくと大きくなるにつれ妊娠線で大変なことに。

ひび割れた皮膚が産後もとに戻らず、妊娠線がくっきり残ってしまった。

なんて人も多いはずです。

そして、1度できた妊娠線を消すことは難しいと言われています。

安定期に入って落ち着いたら、妊娠線の予防のためにケアを始めましょう。

マタニティ用の妊娠線ケアクリームは色々あり、どれを選ぶか悩みます。

マタニティ雑誌やお店でサンプルを配っているものもあるので、試してみるのもいいでしょう。

種類も値段も様々ですが、今はオイルタイプの物が流行っているようです。

伸びもよく、べたつかずにサラッとしています。

クリームタイプの物は扱いやすく、オイルタイプよりさらにべたつかないので、根強い人気があるようです。

どちらのタイプもお風呂上りに優しくマッサージしてあげると気分も落ち着きます。

マッサージをしながら赤ちゃんに話しかけてあげるのも効果的です。

また、マタニティ用ではなくても市販のクリームや天然オイルなど、自分のお気に入りの物を使っても良いと思います。

あとは、毎日使う物ですから自分の好きな匂いの物を見つけて、お腹の赤ちゃんと一緒にリラックスして楽しみながらマッサージをし、妊娠線を予防して下さい。